プリンは保存食だった?―アンチエイジング専門店 『MFIIIJAPAN通信』9/24号(2011年)

――――――――――――――――――――

アンチエイジングをサポート

 『MFIIIJAPAN通信』 ~ 9月24日 ~ 

―――――――――――――――――――― 

こんにちは!

『MFIIIJAPAN通信』の柏尾です。

暑い夏の間に冷たいものを

たくさんとって肝臓が

弱っていませんか?

弱った肝臓を良くするだけ

ではなく、日頃から丈夫に

していきたいですね。

【MFⅢプラセンタ】は肝臓の

働きを良くしてくれます。

プラセンタに含まれる

豊富な成分が弱った

肝臓の働きを助け、機能を

高めてくれます。

また血行を良くするので

肝臓への血液の流れが

良くなり肝臓の働きが

回復することも理由の
一つです。

そろそろ温かい飲み物も

体の為にもいいかもしれませんね。

弱った肝臓を回復させるプラセンタ!

☆=詳細・購入はこちら =☆

   ↓    ↓    ↓    ↓  

http://mf3japan.net/mf3-sheep-placenta_1/

―――――――――――――――――――――

すごく為になる!? 豆知識コーナー♪

――――――――――――――――――――― 

毎月25日がプリンの日というのを

ご存知でしたか?

日本でプリンと呼ばれている

プディングはイギリスが発祥です。

当時はパン屑や小麦粉にラード、

レーズン、卵、果実などのあり合わせの

材料を混ぜ塩とスパイスで味付けして

ナプキンで蒸し煮したもので、
パン屑の始末を考えてイギリスの
お母さん達が発明したものだそうです。

一般の家庭で作られると同時に

布のまま涼しいところに干して

おけば1年間保存がきくということで

航海中の保存食としても

利用されたそうです。

今では子供から大人まで

愛されるデザートの代表ですが

今も昔も主婦のアイデアは

すばらしいものが多いですね。

最後まで読んで頂き、

ありがとうございましたm( _ _ )m

Google Reader Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on11月 10th, 2011 at 1:19 PM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can Leave a response, or Trackback.

Leave a Reply

(Ctrl+Enter)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • calender

    2017年12月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031