洋式トイレが日本に来たのはいつ!?―アンチエイジング専門店 『MFIIIJAPAN通信』11/10号

――――――――――――――――――――
アンチエイジングをサポート
――――――――――――――――――――

こんにちは!
『MFIIIJAPAN通信』の北島と申します。

そろそろ冬物コートの出番ですね。

空気が乾燥し始めて、
この時期で既に、
肌がカサカサしている方も
多いのでは・・・?

空気が乾くと、皮膚の表面の壁が破壊され、
紫外線やウィルスなどの刺激が
皮膚内に入ってしまい、
やがてバリア機能が衰えて、
乾燥肌になってしまうのです。

【MFIII プラセンタ】は
組織代謝促進作用が、
皮膚の分泌腺の機能を高め、
皮脂の分泌を正常に戻します。
その結果、乾燥や加齢による
シワを目立たなくします。

【MFIII プラセンタ】で、
乾燥からお肌を守りましょう!

乾燥肌でお悩みの方には
【MFIII プラセンタ 】!!

☆=詳細・購入はこちら =☆
 ↓    ↓    ↓    ↓  

http://www.mf3japan.net/mf3-sheep-placenta_1/

―――――――――――――――――――――
すごく為になる!? 豆知識コーナー♪
――――――――――――――――――――― 

今日、11月10日は、
『いいトイレの日』です。

MADE IN JAPANのトイレが
凄いというのはもう有名な
話ですよね。

20世紀、GHQが日本を占領していた頃に
洋式便器が広まり、
1977年には、洋式便器が、
和式便器の販売数を越えたそうです。

ウォッシュレット機能は
もともとスイスやアメリカが発祥で、
その後日本のメーカーが拡張機能を加え販売し、
世界中で爆発的に人気が出ました。

利用者一人一人のモラルが問われる
日本の公衆トイレも、海外の観光客から
とても綺麗と絶賛されるそうですよ!

トイレの歌まである位ですから、
日本人にとってトイレを綺麗にする事は
大切な文化なのかもしれませんね。

Google Reader Yahoo Facebook Twitter Digg FriendFeed Delicious Google Translate
This entry was posted on11月 13th, 2012 at 1:41 PM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can Leave a response, or Trackback.

Leave a Reply

(Ctrl+Enter)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • calender

    2017年12月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031